キツリフネ 水辺の夏 〜秋の開花植物

 

水辺の群生 05年9月2日
 
花序の一部と花 同上
 
09年9月24日
 
 科 属 名
ツリフネソウ科ツリフネソウ属
 学    名
Impatiens noli-tangere L.
 別    名
ホラガイソウ
日本と世界の分布
北海道〜九州、東アジア・シベリア・ヨーロッパ・北アメリカ
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
山地の湿った場所
   開   花   期
6〜9月
 身近な類似種
ツリフネソウ
 メ      モ
山地のやや湿った木陰などに生える軟弱な1年草で、北海道から九州に分布しています。茨城県では北部地域に普通に見られますが、この辺りの発生は「茨城県植物誌」に記載がなく、希少植物です。低湿地の一箇所で認められていますが、牛久市版レッドデータブック作成の調査時には発生が確認されませんでした。 ただ完全な自生集団と断定できません。
茎は節が膨らみ多汁質で、高さ40〜80cm。葉は薄く、長さ2〜5cmの細い柄があり、葉身は卵形または長楕円形で長さ4〜12cm、幅2〜5cm、縁にあらい鈍鋸歯があります。花序は2段目画像のように葉腋から垂れ下り、 2〜4個の花をつけます。花は淡黄色で、細い花柄でぶら下がります。初め閉鎖花をつけます。花は径約2cm、 内面に下段画像のような赤褐色の斑点があり、後半部は細長いになり、下に曲がります。
名前は同じ仲間のツリフネソウ(釣船草)の花が帆かけ舟をつり下げたような姿に見立てたのに対し、黄色い花を咲かせることに由来します。

back

next

list

home

flora