早春の水辺のヤナギ
(2017年3月23日更新)
16年3月15日には、城中町の牛久沼畔のマルバヤナギを撮影した画像を追加しました。

14年3月6日には、下の画像とカワヤナギの雄木・雌木の雄雌花序(花穂)の画像を追加しました。

13年3月3日には、城中町の根古屋川の稲作放棄田跡地に生えてきた、イヌコリヤナギ・カワヤナギ・タチヤナギ・マルバヤナギなどのヤナギ類の林と牛久市内の沼畔・川べり・耕作放棄田などの湿性地に自生している6種のヤナギ類の特徴について、一覧表を示しました。

10年3月1日、このページを作りました。冬枯れの 水辺を散歩していると、オオイヌノフグリ・タネツケバナ・ホトケノザ等の可憐な花とともに、ヤナギ類が静かに春の到来を告げているのに気づきます。 そこで、これまで撮りためた稲荷川辺りの5種のヤナギについて、3月1日現在の開花また は開花前の花穂と花芽の様子を示しました。花芽は画像の右下に張り付けました。

 

牛久沼畔のマルバヤナギ林16年3月15日
 
根古屋川右岸の耕作放棄田跡のヤナギ 林 14年3月6日

イヌコリヤナギ・カワヤナギ他

同上 カワヤナギ雄花序
   
同上 カワヤナギ雌花序
 
根古屋川畔の放棄田跡ヤナギ 林

13年3月3日 

同左 イヌコリヤナギの雄木・カワヤナギ の雌木

同左

 

牛久市内の湿性地に自生する         ヤナギ属の種類

種  名 高  さ 雄しべの数 子房の毛
1.イヌコリヤナギ 低木(2〜3m) 2(花糸が    合着し1本)
2.オノエヤナギ 高木(5〜10m) 2
3.カワヤナギ 低木〜小高木 (5〜6m) 2
4.タチヤナギ 小高木(10m) 3 ×
5.ネコヤナギ 低木(05〜3m) 2
6.マルバヤナギ 高さ(15m) 3〜5 ×

 

稲荷川縁の野焼跡 10年2月9日
稲荷川と土手 10年3月1日
 
カワヤナギと花芽
タチヤナギと花芽
マルバヤナギと花芽
 
イヌコリヤナギ
同左の枝と花穂
花穂 (メモリ0.5mm)
 
ネコヤナギの枝と雄花
左雄花の花穂 05年3月8日

同左雄花

上半部の黒い苞
基部の長毛・2裂の柱頭
上の画像 は、ネコヤナギが近くの庭木である他は稲荷川左岸の水辺の荒地に生えているヤナギ類です。 この辺りではほぼ、ネコヤナギ→イヌコリヤナギ→カワヤナギ→タチヤナギ→オノエヤナギ→マルバヤナギ(アカメヤナギ)の順に開花します。オノエヤナギはここにはありませんが、近くに自生地があります。

back home