プロフィール (Profile)

 

渡辺泰。農学博士。1934年栃木県生まれ。1957〜95年、北海道を皮切りに在外研究を含め国内各地の農林水産省農業研究機関に勤務。 この間、学生時代にはじめた趣味の山と植物に細々と関心をもち続ける。退官後、非常勤や嘱託として農業関係公益法人および大学農学部の職場で働く。2001年4月本サイトを開設。06年4月からNPO法人うしく里山の会で 、「市民の木」や「市民の森」の樹木調査と広報を行う牛久市協働事業に従事。そのため、当初考えていた本サイトの追加・更新だけに日々の時間を費やすことができなくなりました。2013年にはPCのOSを間違ってインストールしたため、本サイトの各ページの配列 構成が崩れてしまいましたが、完全に修復できないまま経過しています。
退職後の過ごし方と健康法を考え、このサイトの構築を思いたちました。95年にパソコンを求め、97年にはカメラを新調して取組んできました。02年以降はデジカメを使っています。植物の野外観察と撮影は楽しく健康的ですが、パソコン操作の方は肩が張ったり腰痛が起こったりして、必ずしも健康的とはいえません。 とくにサイトの追加更新には、HTMLのタグを十分理解していないためストレスがたまります。
いま人里や里山では自然の摂理と人の干渉(土地の利用・管理)の狭間で、ある植物は我が物顔に繁茂しており、ある植物は生き残りに喘いでいます。土地利用の状況は現在、過剰な管理と過剰な放任が併存しています。人里や里山の植物は土地の利用・管理法などの人為環境に著しく影響されます。本サイトでは、植物の生育場所を自然環境としての日照や水が豊富な 「陽地」と「水辺」、生物環境としての植物間競争が激しい林地 「里山」に分け、 それぞれの場所に自生する草本植物を中心に開花期別に掲げています。
本サイトの「植物をたずねたあしあと」は植物をたずねた足跡の意味で、印象に残っている手持ちのフィルムを逐次デジタル化してきたものです。08年4月からは「四季の里地里山植物」掲載植物以外の茨城県内の植物について、「常陸の植物をたずねる」と題して 、手持ちの植物画像を中心に掲載してきました。09年4月から はWebスペースを拡大し、各ページの画像サイズを逐次大きく表示することにしました。
当初の予定では開設10年で、トップページ下段の植物誌1〜3掲載の全草本植物の掲載に引き続き、木本植物(130種内外)とシダ植物(70種内外)を加えた全高等植物のページを掲載する計画でした。しかし、他の活動や健康状態を考慮すると、この目的達成は難しい状況で草本植物だけで終わりそうです。

 

home