ヒ キ ヨ モ ギ 陽地の 真夏 〜秋の開花植物

 

99年10月17日 草原
 
05年9月2日 花序の一部
 
 
ゴマノハグサ科ヒキヨモギ属
 学    名
Siphostegia chinensis Benth.
日本と世界の分布
北海増〜琉球、南千島・台湾・朝鮮・中国
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
草原・林縁の草地など
   開  花  期
8〜10月
 身近な類似種
オオヒキヨモギ
 メ      モ
日当たりのよい草原などに生える1年草。半寄生植物。茎は直立し、上の左の画像のように上部で枝分かれします。高さ30〜70cm。全体に曲がった短毛。葉は深裂し翼のある柄があります。花は枝先の葉腋毎に1花咲きます。上の右の画像のように、がくは筒状で筋があり長さ1.5cm弱、花冠は鮮黄色で長さ2.5cm内外、2唇形で下唇は3裂しています。
この辺りでは年毎に少なくなっています。雑木林跡に造成された住宅団地の草地にあった身近なヒキヨモギが最近、宅地に替わり姿を消してしまいました。このように生育場所が少なくなってきたことが主な減少要因と考えられます。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧II類」に位置づけられています。
back next list home flora