陽地の真夏〜秋の開花植物

(2016年8月2日更新)
撹乱地
アキノノゲシ
アキメヒシバ
アリタソウ
アレチヌスビチハギ
ウリクサ
エビスグサ
オオオナモミ
オオクサキビ
オオケタデ
オオブタクサ
キンエノコロ
クワクサ
コシロノセンダングサ
コセンダングサ
コバノセンダングサ
ニシキソウ
ニワホコリ
ヌカキビ
 
ヒメミカンソウ
ホソアオゲイトウ
ベニバナボロギク
マルバアメリカアサガオ
マルバルコウ
 

草刈地

アカネ
オガルカヤ
オグルマ
カゼクサ
カナムグラ
カワラケツメイ
キクイモ
 
キツネノマゴ
ケチョウセンアサガオ
ゲンノショウコ
スズメノヒエ
タカサゴユリ

 

ツルボ
ツルフジバカマ
ツルマメ
トダシバ
ナガボノシロワレモコウ
ナンバンギセル
ハイメドハギ

 

ヒキヨモギ

 

ヒナタイノコズチ
マルバハッカ
メドハギ
ヤハズソウ
   
ヤブツルアズキ
ヤブマメ

 

ヨモギ
ワレモコウ
 
 

         

16年8月2日、15年8月4日、それぞれ『攪乱地』と『草刈地』の陽地植物の生育場所を示す下の二つの画像を追加しました。

 

同下 16年8月1日
同下  同左
   
ネギ畑 15年8月4日
田んぼに面した土手 同左
 
左の画像はネギ畑で、雑草はほとんど見えませんが、周りにはオヒシバメヒシバエノコログサカヤツリグサシロザスベリヒユなどが生えています。
右の画像は水田に面した土手で、年3-6回の草刈が行われている管理の行き届いた場所です。チガヤが優占し、その他アオスゲコシオガマシマスズメノヒエススキブタナマキエハギヨモギなど が生えており、土手の下部の湿ったところにはウシクサテンツキ類などが生えています。
以上のような場所が上のサムネイルのような植物の生育地です。田んぼのイネはコシヒカリで、今年は出穂が例年より遅く、出穂前の様子です。
上のサムネイルは陽地で真夏(7月下旬〜8月)からに花を咲かせる植物を五十音順に並べたものです。植物名をクリックするとページがでます。撹乱地草刈地に分けてありますが、植物によってはどちらにも生えますので絶対的な分け方ではありません。 また、草刈地に掲げたトダシバワレモコウなどは雑木林にも生育しますので、里山植物との区分 は絶対的なものではありません。

back   home