イヌショウマ 里山の真夏〜秋の開花植物

 

マダケ林床の 群生 99年10月7日 
 
花序の一部と花 09年9月24日
 
 科 属 名
キンポウゲ科サラシナショウマ属
 学    名
Cimicifuga japonica (Thunb.) Sprengel
日本と世界の分布
関東地方〜近畿地方 
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・林縁・草原など    
   開  花  期
8〜10月
 身近な類似種
(オオバショウマ)
 メ      モ
丘陵や山地のやや湿った陰地に生える多年草。この辺りでは、竹林や林縁のところどころに自生していますが、生育場所は限られています。
地下茎があります。高さ60〜110cm、上部で枝分かれします。根生葉は少数で長い柄があり長さ30〜65cm、1〜3回出複葉で、小葉は円心形で3中裂し、幅5〜20cm。
は画像のように穂状花序に多数密につき、花弁は白色で長さ4〜5mm。がくや花弁は早く落ち、下段画像のように長さ5〜9mmの多数の雄しべが広がり目立ちます。
和名の犬升麻(イヌショウマ)は薬用にならない升麻の意味です。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧II類」に位置づけられています。

back

next

list

home

flora