ネバリタデ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

林縁草地の個体 06年9月20日
 
 托葉鞘と粘液帯(右側枝の淡黄色部位) 同上
粘液帯と粘液に捕えられたアリ 同上
花序 05年9月17日

 

 科 属 名
タデ科イヌタデ属
 別    名
ケネバリタデ
 学    名
Persicaria viscofera (Makino) H. Gross
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
日当たりのよい草原・土手など 
   開  花  期
7〜10月
 類 似 種
オオネバリタデ
 メ      モ
日当たりのよい草原などに生える1年草です。この辺りでは生育場所が限られており、希少種といえます。
は細長く直立し上部で分枝し、高さ40〜80cm。2段目画像のように茎と葉にはあらい毛が生えています。托葉鞘は長い筒形で、画像のように長い毛があり、縁毛は長さ5〜8mmです。
3段目画像は茎の上方にある粘液と粘液に捕らえられているアリです。触れると粘り、これが名前の由来になっています。
は花弁がなく、がくは5裂し、淡紅色か緑白色で長さ2mmほどです(下段画像)。果実は3稜形 です。
back next list home flora