シャクチリソバ 陽地の秋の開花植物

 

道ばたの土手の群生 03年10月4日 
 
花序の一部と花  同上 
 
 科 属 名
タデ科ソバ属
 別   名 
シュッコンソバ・ヒマラヤソバ
 学    名
Fagopyrum dibotrys (D.Don) H.Hara
日本と世界の分布
本州〜九州、中国南西部・ヒマラヤ原産の薬用植物で各地に帰化。
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
半陰地の林縁・土手など
   開  花  期
9月〜11月
 身近な類似種
ダッタンソバ
 メ      モ
林縁・土手などの半陰地に生える多年生帰化植物。 この辺りでは数年前から林縁にみかけるようになりましたが、生育場所は限られています。
地下部は木質。は上部で枝分かれし、高さ50〜120cm。は互生し、上段画像のように三角上広卵形、葉身は5〜15cm、幅4〜14cm、鋭頭、基部は切形〜浅心形。托葉鞘は褐色膜質で縁毛はありません。
花序は下段画像のように葉腋から出た枝に2〜4個ずつついて、花穂状にややまばらに花をつけます。花被は白色で、画像のようなソバの形をしており、径4〜6mm。
ヒマラヤ、中国南西部原産で、薬用植物として昭和初期に 導入され、1960年代に野生化したそうです。

back

next

list

home

flora