陽地の秋の開花植物

(2016年9月10日更新)

草刈地

コシオガマ

コメナモミ

シャクチリソバ

セイタカアワダチソウ

センダングサ

ダンドボロギク

チカラシバ

トネアザミ

ネズミノオ

ヒガンバナ

メナモミ

メリケンカルカヤ

 

16年9月5日、15年9月19日、それぞれ生育地を示す下の2画像を追加しました 。

 

同下 16年9月10日

同下 同左
 
土手の草地 15年9年19日
スイートコーン収穫跡  同左
 
左の画像は典型的な草刈管理地で、今年は4〜6回草刈が行われました。 右側はイネのコシヒカリをコンバインにより収穫している光景です。ここは一面チガヤで覆われており 、安定した植生が維持されています。 生育地の限られている在来種のウシクサコシオガマネズミノオネバリタデマキエハギなどが生育し、秋に花を咲かせます。そのほか、夏から咲き続けているキツネノマゴシバシマスズメノヒエネジバナヤハズソウなどが咲いています。
右の画像はスイートコーンを収穫跡の耕起作業の光景です。今はほとんど植物はありませんが、間もなくハコベなどの越年草が芽生えてきます。
秋の陽地では、撹乱地も草刈地も夏から咲き続けている植物が大部分を占めており、開花期間が秋だけの植物はあまりありません。
上のサムネイルは陽地の草刈地でから開花を始める数少ない植物を五十音順に並べたものです。植物名をクリックするとページがでます。なお、トネアザミは林地や林縁にも生えますので、この区分は絶対的なものではありません。

back   home