セイタカアワダチソウ 陽地の秋の開花植物

 

寒気の中で満開の9月刈再生株 背景は筑波山 15年12月9日
 
荒地の再生株の群生 13年10月31日
 
小河川の土手の群生 01年10月27日
 
円錐状花序 14年10月16日
 
頭花の総苞片と舌状花 13年10月27日
 
筒状花 03年10月7日 
 
土手の群生(真冬の枯死状況) 13年1月8日
 
 科 属 名
キク科アキノキリンソウ属
 別   名 
セイタカアキノキリンソウ
  英    名
tall goldenrod
 学    名
Solidago altissima L.
日本と世界の分布
北アメリカ原産の帰化植物で本州以南の各地に野生。
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
土手・川堤・河川敷・荒地・放棄田畑など
   開  花  期
9月下旬〜12月
 身近な類似種
アキノキリンソウ・オオアワダチソウ
 メ      モ
明治時代に観賞植物として導入され、第二次世界大戦後急激に全国的に広がった帰化植物です。1960年代までは北海道の十勝地方や日高地方の国道沿いにオオアワダチソウの大群落を見ましたが、セイタカアワダチソウは気づきませんでした。十勝地方で始めて気づいたのは1975年でした。               
この辺りでは大部分10月から開花が始まり、11月下旬の降霜により枯れます。しかし夏から秋に地上部が刈り取られた再生株は遅く開花し、気温の低下が緩慢な川沿いなどでは強い霜が降る12月になっても咲き続けます。 1・2段目画像のように発生の状況は川べり、田畑の耕作放棄地などで旺盛ですが、かつてのような勢いはなくなっている感じです。多くは9月に刈取られますが、再生株は耐寒性が強く、下段画像のように強い霜により枯死するまで、1段目画像のように強い霜がくるまで咲き続けます。
は高さ50〜250cm。は線状長楕円形で、両端は尖り、ほぼ無柄、低い鋸歯があるか全縁、長さ5〜15cm、幅1〜2.5cm、両面とも短毛があり、ざらつきます。
花序は1〜4段目画像のように円錐状で、高さ10〜50cm。頭花(5段目画像)は径3〜4mm、短い花柄で枝の上部に密生し 、総苞は円筒形で、高さ約4mm、総苞片は披針形から線状披針形 。筒状花(6段目画像)は黄色で3〜5個、舌状花も黄色で10〜18個で、舌状部は長さ2〜3mmです。
 「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back

next

list

home

flora