オケラ 里山の秋の開花植物

 

雑木林 00年10月4日
 
花序 (頭花) 03年9月29日 
 
頭花と魚骨状の苞 同上
 
 科 属 名
キク科オケラ属
 学    名
Atractylodes japonica Koidz.ex Kitam.
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮・中国(東北)
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
草原・雑木林など 
   開  花  期
9〜10月
 メ      モ
草原・雑木林などの乾いた場所に生える多年草雌雄異株。 この辺りでは生育場所が雑木林に限られており、下草管理がなされている雑木林の所々に見かけるだけで、減少傾向にあります。
地下に根茎があります。高さ30〜100cm。若い茎葉は山菜となり、白軟毛に被われ、折ると白い汁が出ます。 生長した葉は硬く光沢があり、茎は硬く上部で枝分かれします。
頭花は上段画像のように枝先にがつき、下段画像のように2列に並んだ針状に羽裂する苞葉につつまれます。総苞は鐘形で長さ10〜12mm、花冠白色をおび長さ10〜12mm。
牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧II類」に位置づけられています。
古名はウケラ。この名で万葉集の第14巻東歌に4首あります。 根は健胃剤として使われるそうです。

back

next

list

home

flora