里山の秋の開花植物

(2017年10月7日更新)

 

落葉樹林(雑木林)の林床とその周辺

アキノキリンソウ

アシボソ

アブラススキ

オケラ

カシワバハグマ

キバナアキギリ

 

コウヤボウキ

ササクサ

センブリ

ツクバトリカブト

ハナタデ

常緑樹林(スギ・スダジイ・竹類など)の林床とその周辺

         

キチジョウソウ

              

 

雑木林 16年9月10日

スギ・ヒノキ林 同左

 
左の画像は冬に落葉掻きが行われた雑木林の初秋の林床で、アズマネザサが優占しています。 アブラススキオケラオミナエシなどが咲いており、夏から花を咲かせているアキノタムラソウオトギリソウキンミズヒキサジガンクビソウシラヤマギクツリガネニンジンヌスビトハギネズミガアノハラアザミハエドクソウハネガヤヒヨドリバナミズヒキ・ヤマ ハギなどがみられます。
右の画像はスギ・ヒノキ林です。林床にはシケシダ・ゼンマイ・ハリガネワラビなどシダ類とチヂミザサヤマジノホトトギスが花を咲かせていますが、 雑木林の林床と比べると草本植物は貧相です。
上のサムネイルは里山の林床でから開花を始める植物を五十音順に並べたものです。植物名をクリックするとページがでます。

back   home