ヒメミソハギ 水辺の秋の開花植物

 

休耕田の個体 06年9月29日 
花弁と雄しべ
06年10月2日
花弁と雄ずい 同左 
 科 属 名
ミソハギ科ヒメミソハギ属
 学    名
Ammannia multiflora Roxb.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、アジア・アフリカ・オーストラリアの熱帯〜亜熱帯
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
湿地・田んぼなど
   開  花  期
9〜11月
 身近な類似種
ホソバヒメミソハギ
 メ      モ
本州から琉球の湿地や田んぼなどに生える1年草この当たりでは近年 、発生が極めて少なくなっています。
全株無毛。茎は4稜がある4角形で、上段の画像のように多数分枝し、高さは10〜30cmは 上段画像のように対生し、ほとんど柄はなく、葉身は広線形から披針状長楕円形で長さ2〜5cm、幅2〜12mm、基部は耳状に張り出し茎を抱きます。
は上段画像のように葉腋につく小さな集散花序に咲きます。花は小さく径1.5mm内外、がく筒は鐘型で長さ約1.5mm、4裂片は3角形。花弁は下段 左画像の左側に写っているような倒卵形で、4個あり、淡紫色です。雄ずいは下段左画像のように4個ですが、右画像のような8個のものもあります。
果実は刮ハで、球形で光沢があり、紫紅色を帯びています。
牛久市版レッドデータブック植物編」では情報不足としています 。
 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「準絶滅危惧」

 

 

back

next

list

home

flora