ヌマガヤツリ 水辺の秋の開花植物

 

休耕田 の個体 98年9月13日 
 
 科 属 名
カヤツリグサ科カヤツリグサ属
 学    名
Cyperus glomeratus L.
日本と世界の分布
本州(関東地方以西)、朝鮮・中国・アムール・インド・ヨーロッパ
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
湿地・休耕田など
 開 花 期
9〜10月
 身近な類似種
カヤツリグサコゴメガヤツリ
 メ      モ
湿地に生える大型の1年草。 この辺りでは牛久沼に隣接する休耕田に点々と生えていましたが、水田に復元されてからは見られず、他の場所でも見ていません ので、絶滅した恐れがあります。
束生して太いひげ根を出します。は分けつして株になり、高さ50〜100cm、太い3稜形は線形で下部は鞘となって茎を抱き、茎と同じ高さで質が厚く幅約3〜10mm、葉鞘は濃い褐色です。
画像のように茎の先に上の画像のように長い苞葉を3〜4個つけ、その間から3〜5個の長短の枝を出して多数の小穂を密生します。小穂は花穂の中軸に斜上またはやや平行 し、線形で長さ5〜10mm、10〜20個の小花をつけます。はじめ白緑色で、のちに画像のようなさび褐色にな ります。
名前は漢字の沼蚊帳釣(ヌマカヤツリ)で、沼地に生えるカヤツリの意味です。

back

next

list

home

flora