ブ タ ナ 陽地の春〜秋の開花植物

 

住宅団地の草地状空地 05年5月26日
土手の群生 03年6月7日 
根生葉と剛毛 13年5月30日
 
頭花;先端が5個に裂けた舌状花のみ
09年4月24日
 
 科 属 名
キク科エゾコウゾリナ属
   別    名
タンポポモドキ
   英           名
spotted catsear
 学    名
Hypochaeris radicata L.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、ヨーロッパ他
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、草原、樹園地など
   開  花  期
4〜8(〜10)月
 メ      モ
ヨーロッパ原産の帰化植物。最初、北海道でタンポポモドキと命名されたことから、北海道在住中はもっぱらタンポポモドキと呼んでいたものです。その後、フランス語名の「ブタのサラダ」からブタナの名がつけられ ました(日本の帰化植物233頁)。 この名は気の毒な感じです。
この辺りでは以前は発生が希でしたが近年、増加傾向にあります。2段目画像のように土手の草地などに群生する事例が見られるようになりました。
越年草で、高さ25〜80cmになります。葉は全て根生で、3段目画像のように剛毛が密生しています。頭花は画像のように黄色で、径3〜4cm。頭花は直径は3.5cm、下段画像のように舌状花のみからなり、花弁の先は浅く5裂 しています。
 
 「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back next list home flora