キツネノマゴ 陽地の真夏〜秋の開花植物

 

水路の 畦の群生 98年8月18日 
 
茎上位の葉と花序 14年8月19日
 
花序と花 05年8月27日 
 
 科 属 名
キツネノマゴ科キツネノマゴ属
 学    名
Justicia procumbens L.
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮・中国(中南部)・インドシナ・マレーシア・インド・セイロン
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
道ばた・草原・田の畦・林縁など 
   開  花  期
8〜11月
 メ      モ
道ばたや草地に生える1年草。この辺りでは道ばたや土手などの草地に群生しています。
は高さ10〜40cm、6稜があり、下向きの毛が生えています。は1・2段目画像のように葉柄があり、葉身は卵形で長さ2〜4cm、幅1〜2cm、先が尖り、両面に毛が散生します。
花序は画像のように枝先に円錐形または短い円筒形の穂を作り、密に花をつけます。は2・3段目画像のように線状披針形で、小苞2枚は線形、がくと共に縁に白色の長毛があります。
花冠は下段画像のように白色で、下唇内面は淡紅紫色、長さ7mm、筒部は長さ4mm、上唇は3角状で先が2裂、長2mmほど、下唇は広楕円形で先は浅く3裂し、長さ4mmです。

back

next

list

home

flora