ハナダイコン 陽地の春の開花植物

 

林縁の群生 12年4月20日
 
土手の個体 99年4月17日

白花の個体 07年4月2日
 
 科 属 名
アブラナ科ハナダイコン属
   別    名
ショカツサイ、ムラサキハナナ
 学    名
Orychophragmus violaceus (L.) O.E.Schulz
日本と世界の分布
中央アジア〜中国、古く日本へ渡来
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
家の周り、土手、空地
   開  花  期
3〜4月
 メ      モ
古い時代に中国から渡来していましたが、1930年代に中国から種子を導入栽培したものが逃げ出し、野生化したのではないかといわれています。現在中国では諸葛菜と称し、観賞用や若芽の食用にされていますが、雑草にもなっているようです。画像は草高65cm、花径3cm前後です。 左の画像は紫花のにわずかに混生している白花個体です。家の周り、土手、空地など所々に自生していますが、多くはありません。
back next list home flora