ノ ニ ガ ナ 陽地の春の開花植物

 

茎の上位葉と頭花
08年5月1日
総苞と果実(そう果)
08年5月10日
茎を矢じり状に抱く葉 06年5月20日
 
 科 属 名
キク科ニガナ属
 学     名
Ixeris polycephala Cass.
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮・中国・インド・カフカズ
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
土手、道ばたなど
   開  花  期
4〜5月
 身近な類似種
オオジシバリ・タカサゴソウ・ニガナ
 メ      モ
田んぼの畦や草地などに生える1年草または越年草。茎は高さ15〜50cm。葉は緑白色、線状披針形で、茎の葉は上の下側画像 のように基部が深く2裂し矢じり状に茎を抱く特徴があります。頭花は上側の画像のように散房状につき、黄色で径約8mm、15〜25個の舌状花があります。そう果には、上右側の画像のように純白の冠毛があります。
牛久市版レッドデータブックでは、「絶滅 」に位置づけられていますが、その後の調査で現存が確認されました。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「 準絶滅危惧」

 

 

 

back next list home flora