セイヨウカラシナ 陽地の春の開花植物

 

根古屋川の堤内の群生 17年4月29日 
 
道ばたの株 99年4月8日 
冬の花 03年12月27日
 
川岸の群07年4月2日 
花;4枚の花弁と成長初めの子房(雄ずいは脱落) 09年4月9日
 科 属 名
アブラナ科アブラナ属
 別   名
カラシナ・カラシ
   英     名
Indian mustard, brown mustard
 学   名
Brassica juncea (L.) Czern.
日本と世界の分布
中近東・中央アジア原産、世界各地へ伝播
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
畑の縁、土手、川堤
   開  花  期
3〜5月
 身近な類似種
セイヨウアブラナ
 メ      モ
この植物の由来は中近東や中央アジアにおいて、クロガラシBrassica nigra) アブラナB.rapa)との自然交雑種が倍数化(複二倍体)してできたといわれています。中国で品種分化が進み、現在は世界各地で野菜・油料・薬味などの用途で栽培されています。
日本でも野菜のカラシナが栽培されています。現在、3段目画像のように田んぼの土手や川堤に群生しているのは、栽培種が野生化したのではなく、新しく海外から入ってきたのではないかと思われます。
花は下段画像のよう4枚の花弁が狭く、4枚が離れているのが特徴です。 セイヨウアブラナのページに両者の花を比較した画像を示しました。
また葉が茎を抱かないのが特徴で、セイヨウアブラナのページにの両者を比較した画像を掲げました。
back next list home flora