セイヨウアブラナ 陽地の春の開花植物

 

道ばたの群生 15年4月28日
 

道ばたの個体 99年4月8日
 

アブラナ 葉が茎を抱く 

カラシナ 葉が茎を抱かない
 

セイヨウアブラナの花 14年4月6日
 

セイヨウカラシナの花 同上
 
 科 属 名
アブラナ科アブラナ属
   英    名
rape
 学    名
Brassica napus L.
日本と世界の分布
ヨーロッパ原産、世界各地へ伝播
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
畑の縁、土手、川堤
   開  花  期
3〜5月
 身近な類似種
セイヨウカラシナ
 メ      モ
この植物は作物の野生化型の帰化植物。ヨーロッパの海岸に野生しており、北・東部で食用・飼料用栽培が始まり、中世には油料用にもなりました。日本には明治時代に導入され、油料作物として改良され、早生で高収量品種が広く栽培されましたが、今はほとんど栽培がありません。この由来はキャベツ類(Brassica oleracea) とアブラナ(B.rapa)との自然交雑種が倍数化(複二倍体)したものといわれています。
現在のセイヨウアブラナはこれらの野生化と、最近新しく海外から入っているものと2つあるように思われます。
葉は3段目左画像のように基部が茎を抱くのが特徴です。は 4段目画像のように4枚の花弁が広く基部が重なっています 。一方、セイヨウカラシナは葉が茎を抱かず(3段目右画像)、花弁が狭く4枚が離れ(下段画像)ています。
セイヨウカラシナとほぼ同じ場所に自生していますが、発生量はセイヨウカラシナより少ないようです。
back next list home flora