イカリソウ 里山の春の開花植物

 

雑木林 09年4月13日
 
 
花;4個の四方に伸びた細い管は距(キョ)といい、長さ1.5〜2cm
同上
 
 科 属 名
メギ科イカリソウ属
   別      名
ジシバリ/ ツルニガナ
 学    名
Epimedium grandiflorum Morr.
日本と世界の分布
北海道西南部〜本州
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林など
   開  花  期
4〜5月
 メ      モ
花の形が特徴的です。下段の画像で、4個の四方へ伸びた細き管は(キョ)と いい、長さが1.5〜2cmあります。4枚の花弁が長く突き出し下を向いて咲きます。下段の画像の花は径4.6cm。和名はその形が船の錨(イカリ)に似ていることに由来しています。草高は普通20〜40cmになりますが、画像の株は小さく50cm。明るい雑木林の林床で、まれに1〜2株見かけるだけで、発生個体数はわずかです。
イカリソウは山草として愛好される一方、淫羊藿(インヨウカク)の名で強壮・強精用の生薬としても知られています。
09年4月13日に上段と下段の画像を更新しました。
back next list home flora