イチリンソウ 里山の春の開花植物

 

林床が比較的明るいスギ林 06年5月4日 
葉と花 06年4月21日
花; 径約4cm、花弁は無く白色の部分はがく片 09年4月19日
 科 属 名
キンポウゲ科イチリンソウ属
 学    名
Anemone nikoensis Makim.
日本と世界の分布
本州〜九州
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
落葉広葉樹林の林床、スギ・ヒノキ林の林床、林縁等
   開  花  期
4〜5月
 身近な類似種
ニリンソウ・サンリンソウ
 メ      モ
落葉広葉樹林の林床やスギ・ヒノキ林の林床、林縁等に生える多年草。地下に根茎があり、紡錘形に膨らみ先から花茎を1本ずつ出します。1〜2回3出複葉の根生葉があります。茎葉 は中断画像のように3枚が輪生する3出複葉で、小葉は羽状に深裂します。花は画像のように花茎の先に1個咲きます。これが名前の由来になってい ます。花の大きさは径4cm位。花弁のように見えるのはがく片で、5枚あり表面は白色ですが、裏面は紅色を帯びるものがあります。茎や葉は早春に現れ、初夏には枯れてしまいます。
この辺りの生育場所は限られており、牛久市版レッドデータブックでは、「絶滅危惧U類」に位置づけられています。
09年4月22日に下段の花の拡大画像を追加しました。5枚の白いがく片、白い花糸と黄色い葯をつけた多数の雄ずい、中央の緑いとの雌ずいがはっきり分かります。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「 準絶滅危惧」

 

 

back next list home flora