里山の春の開花植物

 

(2017年4月11日更新)
落葉樹林(雑木林)の林床とその周辺
アオイスミレ
アカネスミレ
アマドコロ
イカリソウ
イチリンソウ
オカスミレ
カテンソウ
キンラン
ギンラン
ササバギンラン
サルトリイバラ
シュンラン
ジロボウエンゴサク
セントウソウ
タチツボスミレ
ツクバキンモンソウ
ツボスミレ
ニオイタチツボスミレ
ヌカスゲ
ノゲヌカスゲ
ヒカゲスゲ
ヒトリシズカ
ヒメウズ
ヒメカンスゲ
フタリシズカ

 

フデリンドウ
ホウチャクソウ
ホソバヒカゲスゲ
マルバスミレ

 

ヤマエンゴサク
         
ヤマネコノメソウ        
 
常緑樹林(スギ・スダジイ・竹類など))の林床とこれらの周辺
ウラシマソウ
エビネ
クマガイソウ
シャガ
マムシグサ
ヤブニンジン

          

16年4月8/9日・15月4月1日・14月4月7日には、下記の管理雑木林および斜面林の画像をそれぞれ追加しました。

12月4月6日には、市内の里山における貴重な牛久沼東斜面林(半自然的照葉樹林)について、藪を伐採した跡の様相を下の画像に示しました。

11年4月6日には雑木林の画像を差替え、08年1月撮影の牛久沼東斜面林の画像をアップしました。

        

 

同下 16年4月7日
同下 16年4月9日

同下 黄花はキジムシロ 

15年4月6日

同下 白花ヤマザクラ

同左

管理雑木林 手前の花はニオイタチツボスミレ

同右

斜面林

14年4月7日

雑木林(枠はヤマウグイスカグラ)

11年4 月5日

牛久沼東斜面林下部のメダケ伐採跡
12年3月25日

新地町台地岬からの城中町方面の斜面林 

08年1月5日撮影

 
上の左側は雑木林の林内で、林床は明るく 、上のサムネイルのような植物が花を咲かせています。ここにはアカネスミレタチツボスミレ・クサボケ・キジムシロホソバヒカゲスゲニオイタチツボスミレミツバツチグリ、ヤマウグイスカグラ などが花を咲かせています。
右の画像はスギ林の林床で、チゴユリが咲いており、シケシダ 等シダ類が葉を開き始めていました。そして、スギの幹回りにドクダミナガバジャノヒゲヤブカンゾウヤマジノホトトギス等が生えていま す。木漏れ日があるだけですが、上のサムネイルのような植物が春に花を咲かせます。
竹林を含め、このような林の周りは日差しが強からず弱からずで、常に湿り気があり乾きあがることがありません。今回追加した6種はこのような環境下に生育する植物で、この辺りでは貴重な種類です。
上のサムネイル画像は(ほぼ3〜5月)里山の林床で花が咲く植物を五十音順に並べたものです。植物名をクリックするとページがでます。生育場所を落葉樹林(雑木林)と常緑樹林(スギ・スダジイ・竹類など)に分けてあります。両方の場所に生える植物もあります。またタチツボスミレツボスミレフデリンドウ等のように陽地の草刈地でもよく生育している種類もありますので、この分け方は絶対的なものではありません。

back       home