イヌムラサキ 陽地の春〜初夏の開花植物

 

草原の群生 08年4月15日
 
茎葉と花序 同上
 
葉やがくの剛毛と花 同上
 
 科 属 名
ムラサキ科ムラサキ属
 学    名
Lithospermum arvense L.
日本と世界の分布
本州〜九州、ユーラシア・アフリカ北部、北アメリカへ帰化
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
草地など
 身近な類似種
ホタルカズラ・ムラサキ
   開  花  期
4〜6月
 メ      モ
草地に生える越年草。全体に灰緑色をしています。茎は高さ20〜50cmで、基部から分枝します。茎や葉には下段の画像のような剛毛が密生しています。 葉は無柄で互生、狭長楕円形、長さ1〜3cm、幅2〜9mmで、縁は内側に少し巻き込みます。花は上部の葉腋に1個ずつつき、がくは深く5裂し、画像のように裂片は細長くとがります。花冠は白色で、径3〜4mm、画像のように内側に5条の毛列があります。
上の画像は身近な住宅街の空地の草原で08年に初めて観たもので、広く群生していました。生えている場所や急に出てきたこと等から、帰化種と推察されます。 この辺りでは目下希少種です。
back next list home flora