カナビキソウ 陽地の春〜初夏の開花植物

 

草地の群生 05年5月17日 
 

05年5月5日

果実 99年6月25日
 
 科 属 名
ビャクダン科カナビキソウ属
 学    名
Thesium chinense Turcz.
日本と世界の分布
北海道南部〜琉球、朝鮮・中国・シベリア
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
草地状空地、草原など
   開  花  期
4〜8月
 メ      モ
日当りのよい草地・芝地などに生える多年草で、半寄生植物です。この辺りでは、ヒメハギ同様に生育環境が少なくなってきたため、発生は限られています。
全草がやや粉白色を帯びます。茎は稜があり、基部から分枝し、高さ10〜25cm。は線形で、長さ2〜3cm。
は下段左画像のように腋生、短い花柄に小花を咲かせます。花弁はなく、画像の白い部位はがくで、先が4〜5裂します。
back next list home flora