ヤブレガサ 里山の春〜初夏の開花植物

 

杉林の縁 98年5月30日

 
ヤブレガサの頭花 09年6月14日
 
 学    名
Syneilesis palmata (Thunb.) Maxim.
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮
 科 属 名
キク科ヤブレガサ属
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林とその周辺
   開   花   期
5〜8月
 メ      モ
日陰のやや強い林とその周りに生育する多年草。この辺りの発生は少なく、牛久市版レッドデータブックで「準絶滅危惧」に位置づけられています。葉はふつう根出葉が1枚で、掌状に7〜9個に深く裂けます。この姿が和名の破れ傘の由来です。
09年6月14日に下段の花序の拡大画像を追加更新しました。画像のような円錐花序につく頭花は、すべて両性の筒状花からなります。総苞は筒状で5個 、総苞の下の小さい線形のものはで、2〜3個あります。小花は7〜13個ですが、画像は9個 、花冠は白色でやや 淡紅色をおび、先が5裂し、裂片の先に短毛が生えています。

back

next

list

home

flora