クモキリソウ 里山の春〜初夏の開花植物

 

雑木林の個体  01年6月1日 
 
04年6月9日
 
 科 属 名
ラン科クモキリソウ属
 学    名
Liparis kumokiri F.Maek.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、朝鮮・南千島 
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林
   開  花  期
5〜6月
 身近な類似種
ジガバチソウ
 メ      モ
この辺りでは発生場所が一部の雑木林のなどに限られているうえ、発生量もわずかです。
は上段画像のように淡緑色で柔らかく、2枚の広卵形が特徴です。画像の株は草高27cm、葉は大きいのが長さ14cm、幅7cm、唇弁8x6mmです。
 は下段画像のようで、中央の舌を巻いたような形のものが唇弁で、その両側の幅の狭いものががく片、その両側の紐状のものが側花弁です。
back next list home flora