ジュウニヒトエ 里山の春〜初夏の開花植物

 

林縁 06年5月13日 
花;上唇は小さく先は浅く2裂、下唇は3裂し中央が長い、雄ずい4個。

09年4月24日

 
 科 属 名
シソ科キランソウ属
 学    名
Ajuga nipponensis Makino
日本と世界の分布
本州〜四国 
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林とその周辺など
   開  花  期
4〜5月
 身近な類似種
キランソウツクバキンモンソウツルカコソウ
 メ      モ
キランソウの仲間ですが、こちらは茎が立ち、全体に長い白毛がある点が違います。上の画像の株は草高20cm、花径は縦10mm横7mmです。雑木林やその周りにぽつぽつと見かけるだけで、多くありません。和名は十二単(ジュウニヒトエ)で、花が重なって咲く様子を女官の重ねて着る装束に見立てたものです。
09年5月5日に下段の花の拡大画像を更新しました。上唇は小さく先が浅く2つに裂けており、下唇は開いて3つに裂け中央が長くなっています。雄ずいは4個で、暗褐色の部分は、黄色い部分は花粉の塊です。
back next list home flora