ヨウラクラン 里山の春〜初夏の開花植物

 

スダジイの幹に着生するヨウラクラン 07年11月24日
 
スダジイの幹に着生するヨウラクラン 08年7月13日
葉と花序 同上
 
葉と花序 07年11月24日
葉の拡大画像 同左
 科 属 名
ラン科ヨウラクラン属
 学    名
Oberonia japonica  (Maxim.) Makino
日本と世界の分布
宮城県〜琉球
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
樹幹や岩上に着生
   開  花  期
4〜6月
 メ      モ
宮城県以南から琉球にかけて、樹幹などに着生するラン科植物。この辺りでは希少種で、牛久市域の分かっている生育箇所は1箇所のみです。
茎は長さ1〜4cmで、画像のように束生して下垂します。葉は肉質で4〜10個つき、最下段右画像のように袴状に左右から扁平、2列に互生します。
画像の緑の葉の間から細長く垂れているのが花序で、小さい花が密につきます。花は淡黄色で、花軸に輪生します。画像は花期が過ぎており、花軸だけになっています。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「準絶滅危惧」

 

 

 

back next list home flora