ヤブタビラコ 里山の春〜初夏の開花植物

 

林縁の群生  00年5月2日 
 
葉と花 15年4月19日
 
そう果 そう果に冠毛が無く、総苞内片は反り返る  06年6月1日 
 
 科 属 名
キク科ヤブタビラコ属
 学    名
Lapsana humilis (Thunb.) Makino
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国 
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
木陰の道ばた、スギ林縁など
   開  花  期
4〜6月
 身近な類似種
コオニタビラコオニタビラコ
 メ      モ
木陰に生える越年草です。この辺りにはタビラコの名のつく植物として、オニタビラコとコオにタビラコがありますが、次ぎの点で区別できます。
ヤブタビラコはコオニタビラコと同属で、そう果の冠毛はありませんが、コオニタビラコよりやや大きく 、若い葉には毛があります。そして頭花の総苞内片が8個(コオニタビラコは5個)です。
オニタビラコは大きく全体に毛が多く、種(そう果)に冠毛があ ります。コオニタビラコはやや湿った所に生え、植物体が小さく、全体が無毛でそう果に冠毛がありません。
back next list home flora