ソクズ 陽地の夏の開花植物

 

林縁の群生 01年7月31日
 
茎上部の葉と花序 97年7月16日
 
花序の一部と花 03年7月17日
 
果序と果実 08年11月4日
 
 科 属 名
スイカズラ科ニワトコ属
 別    名
クサニワトコ
 学    名
Sambucus chinensis Lindley
日本と世界の分布
本州〜九州、中国・タイ
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
荒地、林縁の道ばたなど
 開 花 期
7〜8月
 メ      モ
古く中国から薬草として導入されたものが野生化したと考えられています 。この辺りでは、畑地や林の周り(上段画像)などに生育する多年草。所々で散見される程度で、発生は限られています。
の高さは1〜1.5m。地下茎で繁殖し、ロゼット状で越冬します。
は小さく、2段目画像のように散房状の集散花序に多数咲かせます。画像の中央部分が開花中の花冠で白色、径4mm、星型で5つに裂けています。雄ずいは5個あり、花冠の周りに茶褐色に見えるのが葯です。

back

next

list

home

flora