陽地の夏の開花植物

 

(2016年6月11日更新)
草刈地
アレチギシギシ
ウツボグサ
オオキンケイギク
オカトラノオ
ガガイモ
ギシギシ
キバナノマツバニンジン
クサイ

 

クララ
ソクズ
タケニグサ
ナヨクサフジ
ノカンゾウ
ノジトラノオ
 
メリケンムグラ
ヤブカンゾウ

 

                   

16年6月8日、15年6月8日、それぞれ『撹乱地』と『草刈地』の生育地を示す下の二つの画像を追加しました。

    

同下 遠景筑波山 16年6月11日
同下  遠景筑波山 同左
   
ネギ畑 15年6月8日
田んぼに面した草刈地土手 同左
 
 
上の画像は植物相が春から夏に変わる『撹乱地』と『草刈地』の様相です。
左は台地のスイートコーン畑です。フィルムマルチの株の部分は雑草が発生しても高地温で枯死しますが、畝間の裸地の箇所は雑草が生えてきます。手前の幼植物は次のような夏雑草が中心です。アキノエノコログサエノキグサエノコログサオヒシバシロザスベリヒユハルタデメヒシバ他。
右側は田んぼの排水路と農道に面した台地の土手の草地で、年1〜2回草刈がなされている所です。 春開花植物と夏開花植物の端境期のため、開花・結実中の植物は少なく、ここには次のようなイネ科草本が多く見られます。アオカモジグサアレチギシギシオニウシノケグサカニツリグサカモジグサナガバギシギシネズミムギ他。
サムネイルは陽地で(6〜8月)に花が咲く人里植物を五十音順に並べたものです。植物名をクリックするとページがでます。開花時期は9月以降まで延びる場合もあります。

back   home