イチヤクソウ 里山の夏の開花植物

 

雑木林とヒノキ林の間 の株 04年6月9日 
 

04年6月20日 
 
 科 属 名
イチヤクソウ科イチヤクソウ属
 学    名
Pyrola japonica Klenze
日本と世界の分布
本州〜琉球、朝鮮・中国・ウスリー・千島・樺太
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林など
   開   花   期
6〜7月
 身近な類似種
マルバノイチヤクソウ
 メ      モ
林地に生える常緑の多年草。この辺りでは雑木林やシイ・シラカシ斜面林縁の土手に数株自生しているのが認められる程度 の希少種。「牛久市版レッドデータブック植物編」で 、「絶滅危惧II類」に位置づけられています。
細長い地下茎があります。は上段画像のように葉脈が目立つ卵状だ円形で、数枚根生します。高さ15〜25cmの花茎を伸ばし、3〜10個の花をつけます。
は下段画像のようにウメの花に似ており、白色5弁、径1.5cmほどで下向きに咲きます。 花の外へ突き出しているのは雌ずいで、緑色の円柱形の部位が花柱、暗褐色の先が柱頭、褐色に見えるのは雄ずいの葯です。

back

next

list

home

flora