里山の夏の開花植物

 

(2016年6月11日更新)

落葉樹林(雑木林)の林床とその周辺

イチヤクソウ
ウマノミツバ
オオバギボウシ
シオデ
タカトウダイ
チダケサシ
ノブドウ
ノヤマトンボ

 

ヒメヤブラン
ママコナ
ミツバ
ヤマユリ

常緑樹林(スギ・スダジイ・竹類など)の林床とこれらの周辺

   
ウバユリ
ジャノヒゲ
ナガバジャノヒゲ
ユキノシタ
 
 

      

16年6月11日、15年6月8日年6月10日、それぞれ『落葉樹林』と常緑樹林』の生育地を示す下の二つの画像を追加しました。

 

同下16年6月11日
同下 同左
雑木林15年6月8日
スギ林 同左
上の画像は里山の初夏の林床です。左は落葉掻きが行われているクヌギ・コナラ中心の雑木林で、林床は春と違いやや薄暗く、開花植物は限られています。春開花の植物相から夏〜秋開花の植物相に替る端境期です。
右手前の花はノアザミ、ナワシロイチゴなどの花が見られるのみです 。ヤマウグイスカグラが赤い果実をつけていおり、キンランササバギンランなどは花が終わり、オトリギソウタカトウダイノヤマトンボヒヨドリバナなどは開花前です。
右は常緑樹の杉林の林床です。手前は開花直前のフタリシズカ、その他チヂミザサドクダミホウチャクソウミズヒキヤマジノホトトギス・シダ類等が生育しています。
上のサムネイルは(6〜8月)に里山の林床で花が咲く植物を五十音順に並べたものです。植物名をクリックするとページがでます。生育場所を落葉樹林(雑木林)と常緑樹林(スギ・スダジイ・竹類など)に分けてあります。両方に生える 場合もありますので、この分け方は絶対的なものではありません。また、開花期は9月以降に延びる場合もあります。

back   home