ハンゲショウ 水辺の夏の開花植物

 

葉と花序 観察の森 12年7月16日  
 
牛久沼畔の群生 04年7月3日
 

葉と花序 同上

花序の一部と花 09年7月3日
 
 科 属 名
ドクダミ科ハンゲショウ属
 別   名
カタシログサ
 学    名
Saururus chinensis (Lour.) Baill.
日本と世界の分布
本州〜琉球、朝鮮・中国・フィリピン
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
湿地、水辺など
   開   花   期
6〜8月
 メ      モ
本州から琉球の低地の水辺に生える多年草。草に臭気があります。太い地下茎があります。茎は高さ50〜150cm。葉は画像のように卵形、基部は心形、長さ5〜15cm。
花序に近い数枚の葉が開花期に下半分が白くなります。これは昆虫を誘引するためといわれています。花序は細長い穂で、長さ10〜15cm、多数の花をつけ、基部から順に咲き、初めは上段画像のように下垂していますが、後に下段左画像のように上を向きます。花序の軸には下段右画像のように縮れた毛が密生します。花は同画像のように2〜3mmの小花柄があり、雄ずい6〜7個。
名前は夏至から11日目の頃の半夏生に白い葉をつけること、また葉の半分が白いことから半化粧の意味もあるそうです。

back

next

list

home

flora