水辺の夏の開花植物

 

(2016年6月11日更新)

湿った場所

イグサ
イヌゴマ
コバギボウシ
 
セリ
 
チゴザサ
ヌマトラノオ
   
ハンゲショウ
 
ヒエガエリ
ホソバノヨツバムグラ
ミゾハコベ
 
 
 

水辺

     
ガマ
コガマ
ヒメガマ
 
 
 

 

16年6月11日、15年6月8日、それぞれ『水辺』と『湿った場所』の生育地を示す下の二つの画像を追加しました。

            

同下 16年6月11日
休耕田 同左
稲荷川15年6月8日
耕作放棄田 同左
 
左の画像は牛久沼へ注ぐ小河川の稲荷川です。今年は川岸の植物が刈られていました。川岸の植物はガマ類 ・マコモヨシが主なもので、 左側の出穂・開花中の植物はクサヨシ、右がウキヤガラです。
右の画像は晩春から初夏に一大湿地に変わる田んぼとその周りの生育環境の風景です。手前は除草剤散布と草刈管理がなされているイヌスギナに覆われた放棄田の湿地で、手前はガマです。その他アシカキイボクサオニスゲコウガイゼキショウコナギセリヨシ、カヤツリグサ類 などの湿性植物が生育しているところです。
上のサムネイは(6〜8月)に水辺や湿地で花が咲く植物を五十音順に並べたものです。植物名をクリックするとページがでます。生育場所を湿った場所(水を入れた田んぼを含む)と水辺に分けてありますが、両方に生える植物もありますので、この分け方は絶対的なものではありません。さらに、 コバギボウシのように湿った場所に生える植物としてあげたものでも、あまり湿っていない所に生育する場合もありますので、これも絶対的とはいえません。開花期は9月以降に延びる場合もあります。

back   home