ヒメセンナリホオズキ 陽地の夏〜秋 の開花植物

 

畑地の縁の群生 03年10月7日
 
08年10月12日 
 
果実 11年10月7日
 
  科   属   名
ナス科ホオズキ属
 学    名
Physalis pubescens L.
 英   名 cut-leaved ground-cherry
日本と世界の分布
北アメリカ原産の帰化植物、本州〜琉球に帰化
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
畑地、道ばた、空地など
   開  花  期
7〜9月
 身近な類似種
センナリホオズキ・フウリンホオズキ・ホオズキ
 メ      モ
北アメリカ原産の1年生帰化植物です。
は高さ20〜90cm、無毛、四角形で角に稜があります(下段画像)。は互生し 、卵形、長さ2.5〜6cm、先は尖り、基部は円形、縁には尖った少数の鋸歯があり(上段画像)、表面は無毛、裏面は脈上に短毛が生えています。
は7〜9月、葉腋に1花を咲かせます。花柄は長さ1〜1.5cm、無毛。がくは鐘形で長さ約5o、10本の脈があり、無毛です。花冠は盃形、径約8mm、黄白色で 、基部に2段目画像のような黒褐色の班があります。がくは花の後に成長し、下段画像のように袋状になって果実を包み、緑色で長さ2.5〜3cm、短毛が生え ていますが、無毛のものもあります。
果実は液果で球形、径約1cmです。
back next list home flora