コマツナギ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

草地の株 00年8月17日  
03年9月11日
 
果実 03年9月11日
 
 科 属 名
マメ科コマツナギ属
 学    名
Indigofera pseudo-tinctoria Matsum.
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮(済州島)・中国
 生 育 型
草本状小低木
 生 育 場 所
草原・土手など 
   開  花  期
7〜9月
 メ      モ
日当たりのよい土手や草原に生える草本状の小低木です。 この辺りでは少なく、草原や林縁の草地などに見かける程度で、「牛久市版レッドデータブック植物編」では「準絶滅危惧」に位置づけられています。
は硬く、分枝して地をはう(上段画像)こともありますが、長さ50〜90cmに達します。和名の駒繋ぎは馬をつなぐことができるほど茎が丈夫なことに由来 します。は7〜11枚の奇数羽状複葉、小葉は楕円形で長さ8〜25mmです(上段画像)。
は1・2段目画像のように総状花序につき、淡紅色〜白色、長さ約4mmです。豆果は真直ぐな細い円筒状で、長さ2.5〜3cm、幅2.5〜3mmです(下段画像)。
 
back next list home flora