シナダレスズメガヤ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

道ばたの群生 14年5月30日
 
歩道隅の株 14年5月29日

14年5月30日
 

小穂 目盛0.5mm

06年6月28日 

小花の護頴

同左

 
 科 属 名
イネ科スズメガヤ属
 別    名
セイタカカゼクサ
 英    名
weeping love grass
 学    名
Eragrostis curvila (Schrad.) Nees.
日本と世界の分布
南アメリカ原産の帰化植物で全国に分布。
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた・道路や土手の工事跡法面・河川の堤など 
   開  花  期
6〜9月
 身近な類似種
カゼクサコスズメガヤ・スズメ ガヤ
 メ      モ
南アメリカ原産の帰化植物。緑化植物として1950年頃から各地のドライブウェイなどに植えられ、今では逸出・野生化したものが全国に広がっています。この辺りでも、1・2段目画像のように舗装路の縁や土手、川岸など人里のいたる所に群生、繁茂し、厄介な害草になっています。
高さ60〜120cmで、大株になります。葉身は長く40〜60cm、幅は細く1.5〜2mmで内側に巻き、葉鞘の口部に長毛があります。
花序は3段目画像のように円錐形で長さ20〜40cm、先は斜めに傾きます。花序の枝の半ばより上に小穂をつけ、分枝点に長毛があります。小穂は 下段左画像のように鉛色で披針形、長さ6〜12mm、7〜11小花からなります。下段右画像は小花の護頴、3脈がありますが 、緑色の中央脈のみが目だって見えます。 

「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back next list home flora