アメリカネナシカズラ 陽地の夏〜秋の開花植物

 

ヨモギにからむつる性の茎 98年6月28日
 
クズにからむつる性の茎 10年9月10日
ヨモギにからむ茎と花序 同上
 
クズに巻きつく 茎
 
左の横断面
茎の吸着盤
アメリカネナシカズラのクズに巻きつく様子 目盛単位:0.5mm 
10年9月15日
 
花序 同上 
 科 属 名
ヒルガオ科ネナシカズラ属
   英           名
western field dodder, love-vine
 学    名
Cuscuta pentagona Engelm.
日本と世界の分布
北アメリカ原産の帰化植物で全国に野生。
 生 育 型
つる性の1年生寄生植物
 生 育 場 所
空地、土手、草原など
   開  花  期
6〜8月?
 身近な類似種
ネナシカズラ・マメダオシ
 メ      モ
北アメリカ原産のつる性の寄生植物。世界的害草。 この辺りの自生地であった空地や道ばたが宅地造成や土置き場になり、05年7月に身近な自生は消失しました。10年9月10日、2段目画像のヨモギやクズに絡みつく光景をしばらく振りで見かけました。
植物体は葉緑素がなく、画像のように黄褐色に見えます。地中の種子から芽を出 した後、茎が寄主植物に寄生し根がなくなります。
3・4段目画像はアメリカネナシカズラのつる性茎がヨモギやクズに寄生し、巻きついている状態です。 3段目の画像は針金状の茎が吸盤を出して寄主植物のヨモギの茎に絡みついている ところ、4段目画像はクズの茎に巻きついている様子を細かくみたものです。

「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back

next

list

home

flora