ワルナスビ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

田んぼに面した土手の群生 15年7月8日 
 

市街地の植込みの群生 03年9月21日 
 

花と茎の刺 02年7月5日 
 
成熟前果実  16年8月15日
 
 科 属 名
ナス科ナス属
  英    名
Carolina horsenettle
 学    名
Solanum carolinense L.
日本と世界の分布
北アメリカ原産で、日本全土に帰化。
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
市街地の植込み・草地・畑地など
   開  花  期
6〜10月
 身近な類似種
ハリナスビ
 メ      モ
明治末期に渡来した北アメリカ原産の多年生帰化植物です。今では全国に広がっています。この辺りでは道路の植込み(1〜2段目画像)、市街地の空地などに広く自生しています。
は分枝して斜上し、高さ30〜70cm、小さな星状毛が散生するか、長毛と星状毛が混生し、まばらにがあります(下段画像)。
は互生、葉柄や葉身の脈上にもまばらに鋭い刺があります(下段画像)。葉身は卵形〜卵状長楕円形で、長さ6〜12cm、先は尖り、縁に2〜4個の大型の鋸歯があり、両面に星状毛が生えています。
枝先に長さ6〜11cmの花序を伸ばし、5〜15個の花を散房状につけ、花序軸には長毛と星状毛が散生し、まばらに刺が生えています(下段画像)。花冠は淡紫色や白色(上掲画像)、杯形で深く5裂し、長さ約1cm、径約2cmです(下段画像)。
果実は液果で、球形、径約1cm、橙黄色に熟します。
茎葉の鋭い刺のため、公園や耕地の問題雑草にないて、これが名前の由来にもなっています。

「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back next list home flora