セイバンモロコシ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

舗装路脇の群生 14年6月23日
 
道ばたの空地の群生 13年10月24日
 
林縁道ばたの群生 13年10月22日
 
有柄・無柄の小穂
00年8月6日
有柄・無柄の小穂
13年10月24日
有芒小穂
13年10月22日
 

無芒型の花序(穂)の一部

13年7月26日

無芒小穂

同左

 
 科 属 名
イネ科モロコシ属
 英    名
johnsongrass, Cuba-grass
 学    名
Sorghum halepense (L.) Pers.
日本と世界の分布
地中海沿岸の帰化植物、本州〜九州に分布。
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた・空地・土手・川堤など 
 開 花 期
6〜9月
 メ      モ
地中海沿岸産の帰化植物。道ばた(1・2段目画像)や河川の土手等に群生し、稈は束生し、高さが0.8〜1.8mになる大型の多年草です 。
葉身は長さ20〜60cm、幅1〜2cm、葉舌は低く、長毛が並んで生えています。中央脈は太くて白く目立ちます。
夏に1〜3段目画像のような高さ20〜50cmの円錐状の花序を出します。枝は広く開くか、たれ気味で、枝の上半部に小穂をつけます。
小穂は有柄と無柄(4段目左・中央画像)のものが対になってつきます。 有柄小穂(4段目左・同中央画像)が第1小穂で、長さ4〜5mm、雄性で無芒です。無柄小穂(同前画像)が第2小穂で両性、護頴に長毛の列があり、長い芒があります(4段目右画像)。
下段画像のような無芒の型をヒメモロコシf. muticumと呼んでおります。 最近、この型が目立ってきました。
back next list home flora