コバノカモメズル 里山の夏 〜秋の開花植物

 

林床 の株 05年6月2日 
 

葉と花 同上
 
 科 属 名
ガガイモ科カモメズル属
 学    名
Cynanchum sublanceolatum (Miq.) Matsum.
日本と世界の分布
関東地方〜近畿地方
   生 育 型
つる性多年草
 生 育 場 所
林縁・草地など
   開   花   期
7〜9月
  類  似  種
オオカモメズル・コカモメズル
 メ      モ
林縁や草地に生えるつる性の多年草。この辺りでは林縁の草地に希に見られる希少種で、「牛久市版レッドデータブック植物編」では「準絶滅危惧」に位置づけられています。
は上段画像のように他のものに巻きついて伸びます。は 下段画像のように対生し、短い柄があり、長楕円状広披針形で先はとがり、基部は円形ときに、わずかに心形になります。
花序は画像のように葉腋からでる長さ1〜2cmの総花柄の先に散形状に2〜数個の花をまばらにつけます。は小さく径7〜9mm、暗紫色。花冠は画像のように放射状に深く5裂し、少しねじれます。花の中心に副花冠、雌しべ、雄しべが集まった蕊柱(ズイチュウ)があります。
果実は袋果で、披針形で長さ5〜7cmです。

back

next

list

home

flora