冬開花の観賞植物(2016年1月26日更新)
   

16年1月1日に筑波山の遠景画像を、26日にアオキの果実リナリアの花の画像 を、2月20日にアカバナマルバマンサクの花の画像を、それぞれ追加しました。

14年1月1日は好天で昼前、住宅団地内をまわり、草花と庭木の果実を主に撮影しました。名前が分らない最新の草花1種類の除いて、これまで掲載したものばかりでした。

草花では、オキザリスガザニアシクラメンストックニホンズイセンバーベナパルドーサムビオラパンジープリムラ類・ユリオプテスデージなど。花木 の果実では、ウキツリボク(花)・ウンシュウミカンクロガネモチサザンカ(花)・センリョウナツミカンナンテンローズマリー)・ピラカンサビワ(花)・マンリョウヤツデユズなど 。

13年1月1日には、牛久沼の日ノ出、1日と3日には草花 の葉ボタンa葉ボタンbの葉の他、パンジービオラaビオラbオモト果実ストックシクラメンス ィートアリッサムプリムラaプリムラbプリムラcの花、花木 のセンリョウタチバナモドキナツミカンナンテンネズミモチヒイラギモチマルキンカンの果実の他、ローズマリーの株ローズマリーの花の画像を 追加しました。

12年1月1日には、イイギリイヌツゲセンダンツルバラヒサカキモチノキヤツデの果実を追加し、サンシュユの果実の画像をを更新しました。

 

 
平成28年元旦の筑波山 稲荷川刈谷橋 16年1月1日
 
平成26年元旦の牛久沼の日没 (手前が牛久沼・右側が富士山)
平成25年元旦の牛久沼の日の出
雪原の牛久沼と稲荷川 13年1月17日

 

 

1.草花   2.花木    3.果実

冬枯れの中で、市街地の花壇、家々の庭や玄関先のプランターには耐寒性がある様々な草花や花木が花を咲かせています。これらの花は冬枯れの景観を彩り、路行く人々の心を和ませてくれます。

この辺りでも年に1・2回降雪があります。北国と違い、降雪は長く続かず直ぐ快晴になります。寒空に咲く花木の花に雪が積もった情景は風情があります。

 

1.草花
11年1月1日
16年1月26日
リナリア(ヒメキンギョソウ) ゴマノハグサ科 北アフリカ・スペイン原産

平成24年の大晦日(12年12月31日)、近くの住宅地を回り、家々の玄関先のプランターで花を咲かせている草花の写真を写してきました。下に掲げたような草花がめにつきました。プリムラの仲間が抜けていますが後日、追加したいと思います.ほとんどが既に掲載済で、解説はそちらを参照いただくことにし、名前のみ記載しました。

葉ボタンa
葉ボタンb
オモト果実
パンジー
ビオラa
ビオラb
シクラメン
スィートアリッサム
ストック
プリムラ ポリアンサorジュリアンa  
プリムラ ポリアンサorジュリアンb
プリムラ ポリアンサorジュリアンc
 
2010年2月2日 早朝
雪に覆われたニホンズイセン
2010年2月3日 午後
融雪後のニホンズイセン
 
10年1月1日
09年12月28日
09年12月28日
バコパ (ゴマノハグサ科)
アフリカ原産
シャクシナ (アブラナ科
中国原産
ニオイアラセイトウ (アブラナ科)
南ヨーロッパ原産
 
皇帝ダリアの花序と花 09年12月2日 
左下:強霜による枯死花序 同月20日
皇帝ダリアの花
09年12月2日
 
2002年1月28日 
クリスマスローズ (キ ンポウゲ科)
地中海沿岸・西アジア原産
2004年12月15日
ディアスキア ( ゴマノハグサ科)      
南アフリカの山岳地帯原産
2004年12月15日 
バーベナ・テネラ ( クマツヅラ科)
ブラジル南部原産
2007年1月1日  
ヒメツルソバ ( タデ科)              
ヒマラヤ原産
2004年12月15日
ベゴニア・センパフローレンス ( シュウカイドウ科)      
ブラジル原産
2004年1月11日  
ヨウシュクモマグサ(ユキノシタ 科)              
ヨーロッパ北西部・中部原産
 
2002年12月10日
イソギク (キク科)      
千葉県〜静岡県海岸自生
2003年12月7日 
ウインターコスモス (キク科)
北アメリカ・メキシコ原産
002年1月28日  
キンセンカ (キク科)              
ヨーロッパ南部原産
2003年12月7日       
シバザクラ (ハナシノブ科 )
北アメリカ東部原産
2007年1月1日            
シンバラリア(ツタバウンラン)                             
地中海沿岸〜西アジア原産
2003年12月7日        
パイナップルセージ (シソ科 )              
メキシコ原産
2002年1月14日               
ガザニア (キク科)            
南アフリカ原産
2002年1月4日      
パルドーサム (キク科)
北アフリカ原産
2001年12月29日        
サザンクロス (ミカン科)         
オーストラリア原産
 
2002年1月8日
ニホンズイセン (ヒガンバナ科)
地中海沿岸原産
2002年1月12日
スイートアリッサム (アブラナ科)
地中海沿岸原産
2003年1月24日
ストック (アブラナ科)
地中海沿岸原産
 
2003年1月15日           
エ パクリス・ロンギフロ (エパクリス科)
オーストラリア原産 (常緑低木)
2003年1月14日
カンザキアイリス (アヤメ科)
地中海沿岸、中近東
2001年12月25日
ユリオプスデージー (キク科)                
南アフリカ原産 (基部木本状)
 
2002年1月4日        
プリムラ・マラコイデス (サクラソウ科)               
中国雲南省四川省原産
2003年1月15日        
プリムラ・オブコニカ (サクラソウ科)               
中国西部〜ヒマラヤ原産
2003年1月15日       
プリムラ・ジュリアン (サクラソウ科)               
交雑品種                  
2002年1月4日       
2003年1月15日
2001年3月8日       
パンジー (スミレ科)          
北ヨーロッパ原産         
パンジー (スミレ科)
北ヨーロッパ原産                                
フクジュソウ (キンポウゲ科)
日本全土に自生
ネメシア ゴマノハグサ科 07.12.31
南アフリカケープ地方原産
 
*アネモネ キンポウゲ科
地中海沿岸原産
*デージー キク科
ヨーロッパ原産
*オステオスペルマム キク科
南アフリカ原産
*オキザリス・ヒルタ カタバミ科
南アフリカ原産
*:上記種とも09年1月28日撮影
 
 +ミニシクラメン サクラソウ科
交配種(原種は東地中海沿岸原産)
  +ツワブキ キク科
福島・石川県〜琉球に自生
 
+ヒマラヤユキノシタ ユキノシタ科
        アジア東部原産
+リナリア(ヒメキンギョソウ) ゴマノハグサ科
         北アフリカ・スペイン原産
+:11年1月1日撮影
 top

                

2.花木

アカバナマルバマンサク マンサクxシナマンサクの交配品種 16年2月18日
 
イイギリ樹冠と果実
イイギリ科
本州〜琉球産(牛久市では栽植)
イイギリ果実
イイギリ科
本州〜琉球産(牛久市では栽植))
   
   
イヌツゲ
モチノキ科
本州(岩手県以南の太平洋側)〜九州
センダン
センダン科
四国〜琉球
   
ツタ(ナツヅタ)
ブドウ科
北海道〜九州
つるばらの一品種
バラ科
?(外来品種)
   
ヒサカキ
ツバキ科
本州(岩手・秋田県以南)〜琉球
モチノキ
モチノキ科
本州(東北地方南部以西)〜琉球
   
ヤツデ 
左果軸;雌花期を経た未熟果-先端は宿存花柱/                   右果軸;雌花期前の雄花期に雄花が寒さで枯死
ウコギ科
本州(茨城県以南)〜九州
 
   
   
10年1月3日
09年11月23
09年12月21日
ウキツリボク (アオイ科)
ブラシル原産
ウキツリボクの花
 
ヒイラギ (モクセイ科)
関東〜琉球
2004年12月15日     
エリカ ( ツツジ科エリカ属 )
南アフリカ・ヨーロッパ原産         
2004年2月28日
サンシュユ ( ミズキ科ミズキ属 )
朝鮮・中国原産         
2002年2月29日
ベニバナアセビ ( ツツジ科アセビ属 )       
山形・宮城県〜九州原産         
 
2002年12月10日     
ビワ (バラ科ビワ属 )
北ヨーロッパ原産         
2002年12月10日
ヤツデ (ウコギ科ヤツデ属        
北ヨーロッパ原産         
2003年12月7日
クフェアの一種 (ミソハギ科クフェア属 )       
北ヨーロッパ原産         
 
 
2002年1月25日
1998年2月5日

ウメ

バラ科サクラ属。八重咲きの紅花で、ウメの観賞用園芸品種。
ウメは中国原産で、奈良時代以前に渡来したとされています。

 

 

 

 

ウメ

バラ科サクラ属。一重咲きの白花で、ウメの観賞用園芸品種。
ウメの観賞用としての改良は江戸時代中頃から始まり、現在では数百の品種があるそうです。

 

 

1998年2月8日
2001年3月9日
 

 

1998年1月9日
1998年1月11日

サザンカ

ツバキ科ツバキ属 観賞用園芸品種。
山口県・四国以西の西日本に野生するわが国の特産種。栽培は東北地方南部まで。栽培の歴史はツバキより晩く、江戸時代前期から。沢山の品種があり、ツバキとの交雑品種も。ツバキとの主な違いは、サザンカの子房には毛がある点です。

 

 

 

ツバキ (ヤブツバキ)

ツバキ科ツバキ属 左は観賞用園芸品種、右は在来種のヤブツバキ。
ヤブツバキは青森県以南のわが国と台湾に野生。ツバキの栽培の歴史は古く、「古事記」にもみられます。17世紀にはヨーロッパへ。現在の多様な栽培品種は、日本産野生種のヤブツバキ・ユキツバキや中国のトウツバキなどから育成されたものです。

 

1999年2月20日
1999年1月31日
 

 

1997年12月31日
1999年2月20日

ローズマリー (マンネンロウ)

シソ科マンネンロウ属 ハーブの品種。
地中海沿岸原産の常緑樹。葉に樹脂を多く含み、心地よい芳香があります。この品種は樹形が枝垂れ型で、寒暖に強く周年花を咲かせています。
 
ソシンロウバイ 15年1月24日
ソシンロウバイ    08年1月27日
ソシンロウバイ        同左

ソシンロウバイ (シロバナロウバイ)

ロウバイ科ロウバイ属 ロウバイの観賞用園芸品種。
明治の中頃、中国より移入されたと考えられています。ロウバイの花は内側が紅紫色ですが、これは全体が黄色で、径2.5cm余りあり、強い芳香を放ちます。

 

2002年1月12日
1998年1月9日
 
2001年3月9日
2002年1月25日

シナマンサク

マンサク科マンサク属
マンサクの分布は関東地方以西ですが、変種のマルバマンサクが北日本にも分布するため、早春の登山の折、残雪の山でリボン状の花に出会えます。画像は中国原産のシナマンサクで、花が大きく、がくの紅色が濃く、枯葉が落ちない特徴があります。在来種と外国種の交雑品種も作出されています。

 

ヒイラギナンテン メギ科 07.12.31
中国原産
top
 
3.果実

アオキの果実 16年1月2日 
 

12年12月31日近くの住宅地を回り、家々の玄関先のプランターや花壇で花や実をつけている花木の写真を写してきました。下に掲げたような花木が目につきました。ほとんどが既に掲載済で、解説はそちらを参照いただくことにし、名前のみ記載しました。

センリョウ
タチバナモドキ
ナツミカン
ナンテン
ネズミモチ
ヒイラギモチ
マルキンカン
ローズマリー株
ローズマリー花
 

 

09年12月27日
10年1月3日
10年1月3日
ロウヤガキ(カキノキ科)
中国原産
カラタチバナ (ヤブコウジュ科)
茨城・新潟県〜琉球
マンリョウ (ヤブコウジュ科)
関東〜琉球
 
クチナシ(アカネ科) 静岡〜琉球      06年1月1日 

トキワガキ(カキノキ科) 静岡〜琉球 06年1月1日

サンシュユ(ミズキ科) 朝鮮・中国原産 06年1月1日 

クロガネモチ(モチノキ科) 東北南部〜琉球 06年1月1日 

ソヨゴ(モチノキ科) 関東〜九州 06年1月1日

ヒイラギモチ(モチノキ科) 朝鮮・中国原産 06年1月1日
 

マサキ(ニシキギ科) 北海道渡島半島〜琉球 06年1月1日

ウンシュウミカン(ミカン科)  江戸初期鹿児島で偶発 06年1月1日

キンカン(ミカン科) 中国原産 06年1月1日 

ナツミカン(ミカン科) 1700年頃長門市 への漂着果に起源 06年1月1日

ミヤマシキミ(ミカン科) 関東〜九州 06年1月1日

ユズ(ミカン科) 中国原産 06年1月1日

トキワサンザシ(バラ科) 欧州南東部〜小アジア原産  06年1月1日

センリョウ(センリョウ科) 関東南部〜九州 06年1月1日

ナンテン(メギ科) 西日本の野生品は自生か不明 06年1月1日        
 
ハクサンボク スイカズラ科 07.12.31
本州(伊豆半島・伊豆諸島・愛知県・山口県)〜琉球
 
+キミノセンリョウ センリョウ科
  関東地方南部〜琉球に自生
+シロミノマンリョウ ヤブコウジュ科
    関東地方〜琉球に自生
 
+シロヤマブキ バラ科
   中国地方に自生
+ネズミモチ モクセイ科
   本州〜琉球に自生
+:11年1月1日撮影
top
 

 back  home