メナモミ 陽地の秋の開花植物

 

 林縁の群生 11年9月29日
 
葉と花序 00年10月6日
 
頭花 周りの線形のものは総苞片 11年9月29日
 
 科 属 名
キク科アザミ属
科 属 名
キク科メナモミ属
 学    名
Siegesbeckia orientalis L.ssp.pubescens (Makino) Kitam.
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国
生 育 型
1年草
 生 育 場 所
空地・土手・畑の回り・林縁など
開 花 期
9〜10月
 身近な類似種
コメナモミ
 メ      モ
空地や土手に生える1年草。この辺りではコメナモミと同じように最近、少なくなっています。
高さ60〜120cm。植物全体の上部に開出した白毛が密生し、はさわると毛布のような感じがします。
頭花の総苞片は下段画像のように5個で、腺毛があり粘液を分泌し粘つきます。舌状花の花弁は長さ3.5mm位で、画像のように先に2〜3個の浅い切れ込みがあります。
和名は雄ナモミに対する雌ナモミで、ナモミはナズムの意味で、種子がよく (衣服に)付着することをいうそうです。

back

next

list

home

flora