メリケンカルカヤ 陽地の秋の開花植物
 

 

 

道路中央分離帯の成熟期の群生 08年10月12日
 

草原の株 00年9月22日
 
小穂の軟毛 05年9月17日
 科 属 名
イネ科ウシクサ属
 英    名
broom-sedge
 学    名
Andropogon virginicum L.
日本と世界の分布
関東地方以西、北米南部〜中米原産の帰化植物
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた・土手・草地・荒地など
   開  花  期
9〜10月
 身近な類似種
オガルカヤ・メガルカヤ
 メ      モ
北アメリカ原産の帰化植物。道ばたや草地など日当たりのよい場所に生える多年草です。この辺りでは住宅団地内の草地、道ばた、草原などで増加傾向にあります。 
高さ50〜90cm。茎はやや硬く、1段目画像のように束生株化し、上部で枝分かれして、葉腋に穂を出します。熟すと画像のように赤褐色になります。
は2列に並びます。葉身は二つに折れ、葉鞘の口には長毛が密に生えています。白い長毛の生えた総が、葉身の退化した総苞葉に包まれます。総は、有柄小穂無柄小穂が対をなしていますが、前者は退化し、柄だけです。
無柄小穂は2小花からなり、第1小花は膜状の護頴だけで、第2小花は両性で護頴は先に長さ1〜2cmの芒をつけます。総の中軸は熟すと分解し、無柄小穂は長さ8mmを超えた長毛が生えた有柄小穂の柄や中軸と共に風で散布されます。

「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

back

next

list

home

flora