コシオガマ 陽地の秋の開花植物

 

草地の群生 15年10月6日

 

土手の草地 の個体 00年10月6日 
03年10月5日 
 
 科 属 名
ゴマノハグサ科コシオガマ属
 学    名
Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国(中北部・東北)・アムール
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
草地・土手など
   開  花  期
9〜10月
 身近な類似種
ママコナ
 メ      モ
ススキが生える乾いた草原(上段画像)・土手などの日当たりのよい場所に生育する1年生の半寄生植物です。この辺りでは点々と自生が見られますが、生育地の減少と 共に、近年減っている植物の一つです。
茎は高さ30〜60cmで、1〜2段目画像のようによく枝分かれします。 は対生、卵形で羽状に深く裂けます。全体に腺毛が密生し、さわるとべたつきます。
は小さく、花冠の長さが約2cm、 下段画像のように下唇は広がり三つに裂け、上唇は浅く二つに裂け上に反り返ります。これがシオガマギク属との違いです。

back

next

list

home

flora