ママコナ 里山の夏の開花植物

 

雑木林の群生 10年8月19日
 
個体 同上
花序 同上
 
花序の一部と花 同上
 
 科 属 名
ゴマノハグサ科ママコナ属
 学    名
Melampyrum roseum Makim. var. japonicum Franch. et Savat.
日本と世界の分布
北海道西南部〜九州、朝鮮南部
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
雑木林など
   開   花   期
6〜8月
 身近な類似種
コシオガマ
 メ      モ
この辺りでは雑木林に希に生える希少植物、牛久市版レッドデータブック植物編で は、「絶滅危惧II類」に位置づけられています。

半寄生植物の1年草。茎は高さ20〜50cm。葉は1・2段目画像のように長卵形で両端がとがり、短い柄があり、長さ2〜8cm、幅1〜3cmです。花序の軸やがくには、2段目右や3段目画像のように白毛が密に生えています。苞は葉状で、先がとがり、縁にはとがった鋸歯があります。

花冠は紅紫色、下唇(カシン、下側の 花冠裂片のことです。)には下段の画像のような米粒状の白班があります。名前は漢字で飯子菜で、この白斑を飯粒に見立てたとか、若い種子が米粒そっくりなことに由来しているともいわれています。

back

next

list

home

flora