センブリ 里山の秋の開花植物

 

雑木林 の個体 03年11月15日 
 

花序 同上
 

06年10月15日
 
 科 属 名
リンドウ科センブリ属
  別    名
トウヤク
 学    名
Swertia japonica (Schult.) Makino
日本と世界の分布
北海道西南部〜九州、朝鮮、中国
 生 育 型
1年草・越年草
 生 育 場 所
雑木林・草地など 
   開  花  期
9〜11月
 身近な類似種
イヌセンブリ
 メ      モ
管理の行き届いた雑木林、アカマツ林、草地など日当たりのよい所に生える越年草。 この辺りでは生育地が減少し、希少植物になってしまいました。
は四角で高さ10〜30cmであり、紫色をおびます。は画像のように対生し、線形で長さ1.5〜3.5cm。は円錐花序につき、がく裂片は 下段画像のように腺形〜線状披線形。花冠は白色で先は深く5裂、裂片は広披針形 で紫脈があり、長さ12〜15mm。
民間薬の代表的薬草で、昔から賢胃剤として知られており、全草に強い苦味があります。千振の名は熱湯のなかで千回振っても苦味がなくならないことに由来します。
牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧TBI類」に位置づけられています。

back

next

list

home

flora