ツクバトリカブト 里山の秋の開花植物

 

屋敷林の縁 の個体 99年10月17日 

05年9月17日
 

花と果実 03年10月18日 
 
 科 属 名
キンポウゲ科トリカブト属
 学    名
Aconitum tsukubense Nakai
日本と世界の分布
福島県〜神奈川県の太平洋岸
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
土手・雑木林・屋敷林・林縁など
   開  花  期
9〜11月
 身近な類似種
ヤマトリカブト
 メ      モ
土手や林縁などに生える多年草。 この辺りでは土手やスギ林の縁などの所々に少数自生していますが、生育場所や個体数が限られており近年、減少傾向にあります。
は直立し高さ30〜90cm。茎中部のはやや厚く、長さ2.5〜9.5cm、幅2〜12cm、2段目画像のように3枚に全裂し、その裂片がさらに2深裂します。裂片には浅裂状のあらい大きな鋸歯があり、鋸歯は長だ円状卵形、両面と葉柄には曲がったがあります。
花序は散房状で、花柄にも曲がった毛があります。下段画像のようには長さ35〜40mm、外面に曲がった毛があります。雄ずいは有毛、雌ずいは無毛です。
牛久市版レッドデータブック植物編」では「準絶滅危惧」に位置づけられています。

back

next

list

home

flora